MENU
logo

無料駐車場あり >>

スポーツ整形外科

スポーツ整形外科(特別外来)

笹沼 秀幸(ささぬま ひでゆき)医師による外来です。
担当日は、第4日曜日 午前・午後となります。

笹沼医師紹介

スポーツ整形外科とは?

激しいスポーツを長期間または長時間続けると、特定の部位に過剰な負荷がかかり、組織を痛めます。このようにして発症する痛みやケガを「スポーツ障害」といいます。成人だけではなく、成長期の子供にも発症する障害です。サッカー、ラグビー、柔道、相撲など、相手選手との接触が多いスポーツでは、骨折、脱臼、捻挫などの「スポーツ外傷」も発生します。
これらの障害はアスリートに特有で、筋肉、靭帯、関節、神経の炎症、損傷、変形など、さまざまな症状や状態を呈します。特に、小児期のスポーツ障害は早期に的確な判断、治療をしないと、将来にわたって痛みに悩まされることとなり、注意が必要です。

診療について

診療について

野球肩・野球肘、分離症による腰痛、オスグットシュラッター病など、スポーツ全般に関係する痛みを中心とした診療を専門とします。


  • 予約制ではありません。受診ご希望時に直接ご来院し、受付をお願いいたします。
  • 学会参加などにより、診察日が変更となることがございます。当院ホームページ、または院内のカレンダーでご確認をお願いいたします。
PAGE TOP
Copyright © 大田原中央クリニック All rights Reserved.